こびとく日誌

クツをつくりながら考えたこと。晴耕雨読な日々のこと。

徒歩キャン・伊豆山稜線歩道の巻 その2

徒歩キャン二日目。

伊豆山稜線歩道はこのキャンプ場の中に繋がっている。

キャンプ場の奥にトレイル入口がある。

確かITJの第一回大会ではここがコースだったはず。キャンプ場に入っていったことを朧げに覚えている。

朝ごはんを食べてテントを撤収し、6時40分出発。

この先は修善寺まで歩く人は少ないのか、これまでのトレイルに比べて草ぼうぼうの感じになっていた。

 

しいたけの原木がいっぱい。

修善寺ってしいたけの産地なんですね。

温泉街にしいたけ屋さんもあった。(しいたけ屋なのに『こめや』という名前のお店)

 

ガクウツギ?途中にたくさん咲いていました。コアジサイも綺麗だった。

 

開けた気持ちいいトレイルもあったが終盤は薮もあり。

マダニが発生していますという看板も😱

 

やはりITJ第一回大会のルートを辿っていたようだ。途中からはコロナ禍の開催だった2020年とも同じルートになる。

つまり過去に2回は通っているはずだけど、ほとんど記憶になく。

レースは12月だから、こんなに藪にはなっていなかったか?

もみじ林からは舗装路で温泉街フィニッシュ。

2時間ちょっとで下山できたので少し物足りなかったかもしれない。

終了後は筐湯に入りたかったのだがオープンが12時とのことで諦める。

午前9時・・・温泉街の飲食店はまだどこも開店していない時間。

でもこちらはオープンしてました!!

ITJ BASEです。

itjbase-shuzenji.com

コーヒーセットをいただきました。朝っぱらからクラフトビールも飲めます!

壁画がむっちゃカワイイ!

この二日間で辿ってきたルートを確認して悦に入る。

 

やっぱITJってすごいルートだよなぁ。

 

南伊豆ロングトレイルもキャンプしながら歩いてみたい。

 

ITJ BASEのスタッフさんは過去の大会Tシャツがユニフォームなんだそう。

上階のゲストハウスも良かったらと案内していただき見学させてもらう。

女性専用のドミトリーもあったし、ダブルのドミトリーもあり。

登山口への送迎&荷物預かり&下山後のシャワー付きのプランもあるそうで。

早朝に登山口に行けるバスがないのでこれはとても良いと思いました。

天城峠、仁科峠、船原峠が選べるそう。

今回の船原峠からだとちょっと物足りなくなくて仁科峠にアクセスできるといいのになぁと思っていました。

宿泊しなくても、コーヒー&シャワーで1000円だそう。(たぶんビール&シャワーもできるはず)

こちらをお土産に帰路につきました。

 

出会った鳥の話は次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

徒歩キャン・伊豆山稜線歩道の巻

オートキャンプもいいけれど、やっぱり衣食住を全部背負って行きたい!

前日でも辛うじて空きがあっただるま山高原キャンプ場を予約📞して伊豆山稜線歩道を歩くことにした。

修善寺に車を駐めて9時半の松崎行きのバスに乗車。

午前10時スタート🚶🏻‍♂️🚶🏻‍♀️

以前は『大曲茶屋』が最寄りバス停でしたがより登山口に近い『船原峠口』にバス停が新設されていました。

 

今回の荷物は8キロちょい。

キャンプ場泊なので水は確保できるから飲料1リットルで良かったし、ダウンやザックカバーは置いてきたし、下山後の着替えは車の中、メスティンもやめて食事はお湯で戻すだけの軽メシのみ。

重いけどこのくらいの重量だとコースタイムで歩けますね。

同行の夫はザックもテントもULでわたしより2キロくらいは軽かった様子。羨ましいけどわたしはこれで行く所存。

 

しばらく舗装路を歩くとITJのコースでおなじみの登山口からトレイルに入ります。

ITJのときは達磨山を見て、あすこまで登るのか・・・😱と絶望しかないけど船原峠からだと全然余裕。

スタートから2時間ほどで達磨山でした。

達磨山山頂は狭くて人も多かったので落ち着かず。

代わりにITJでは行かない金冠山へ。

あの電波塔が見えるのが金冠山です。

この日は富士山のてっぺんしか見えなかったけれど、駿河湾も見渡せて絶景です。

山頂も広い。分岐から往復10分くらいなのでぜひ立ち寄るべし。

 

一日目のゴールはだるま山高原レストハウス

スイーツ他、軽食も食べられます。鹿肉を使ったメニューもあり。

ただしアルコール類の提供はなしでノンアルビールのみ。現金のみ。

ラストオーダー16時30分。

キャンプの夕食をまかなうにはちょい早い閉店なのが残念。鹿ピザのテイクアウトも×

ちなみにここから数百m先にキャンプ場がありますが自販機も売店もないのでレストハウス自販機でドリンクを購入しないといけないです。

あわよくば生ビール🍺と思っていたけどノンアルビールで我慢、我慢。

 

キャンプ場の管理棟で受付は14時〜16時まで。お支払いは現金のみ。

車を横付けできるオートサイトが3500円、フリーサイトは2500円という格安です。

キャンプ場ってサイト料の他に一人1000円ほどの料金がかかることが多いけどそれはなくて二人でひとつのサイトに二つのテントを張っても2500円ポッキリなのがありがたい。

オートサイト12、フリーサイト8の計20サイトありますが眺望があるのはオートサイトの一部のみ。トイレは1ヶ所(女子トイレは洋式2、和式1)炊事場は2カ所。

管理棟に4分200円の簡易シャワーがあるのが良かった。

コインを投入するのではなくて受付に200円支払うと利用できて、シャワーは途中で止めるとタイマーも止まってくれるので洗い流す時間がまるまる4分取れます。緑のライトがカウントダウン式に点滅するのでウルトラマンぽくドキドキしました。

備え付けは固形石鹸のみ。女子用シャワー個室は3個、脱衣カゴもあり。午後8時まで利用可能。

あとゴミが捨てられるのも良かった。

ゴミ処理代はかからず、ゴミ袋は渡されなくて燃えるゴミは自分でレジ袋を用意して缶、ビン、ペットボトルなど分別して決められた場所に捨てます。

徒歩キャンパーにとってゴミを捨てられるというのは大きなポイント。

二日目が楽になりました。

 

オートキャンプなら食材も用意して煮たり焼いたりするけど、今回はそれぞれの好みで用意した軽メシをそれぞれお湯を沸かして作るのみ。シンプルだし、ゴミもほとんど出ないし、らくちん。熟年夫婦はもうこれでいいのだ。

7時過ぎにはおやすみなさいというかサヨウナラと言ってました。

ここのキャンプ場はオートバイのソロキャンパーも多く、昼間も夜も本当に静か。

道路に近い割には車の音も聞こえず。

夜中に鳴くホトトギスが一番うるさかったです。

 

二日目につづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墓じまいラプソディ

サンダル帽子展の期間中にお客さま待ちの時間に読んでいたのがこの本。

墓じまいラプソディ

『墓じまいラプソディ』です。

うちは両親が他界して介護は終わり、実家を処分し仏壇じまいまではすでに終了しました。まだ先のことだけど次なる案件は墓じまい。なんとなくいつも頭の片隅にあります。

そういうわけでこのタイトルに飛びついてしまいました。

ノウハウ本ではなく、小説なのでなるほどなぁ〜とおもしろく読みました。

お骨はお父さんと一緒のお墓には入れないで樹木葬にして、という母親の遺言から物語は始まります。

その母親の息子の奥さん(62歳)が主人公ということになるのかしら?

いや、主人公は誰ということではなくて、親類やいろんな人の立場から語られていくお墓関連問題というか結婚や家族の問題。

遺言があろうとも本人は亡くなってしまっているのだから生きている人の都合でいいんじゃない?という考え方もあります。

少し違う話ですが母の老人ホーム選びに悩んでいたとき、どこも似たり寄ったりだから、面会に行く家族の都合の良いところを選ぶと良いというアドバイスに従って、駅から近い施設に決めました。(わたしも妹も車の運転をしないので)

その選択は良かったと今でも思っています。(お母さんごめんね)

 

昔みたいに兄弟が多くないからお墓を継続していくのが難しくなっています。

継いだとしてもそこに男子が生まれないと続かないとか、一体いつの時代の話でしょう?

朝ドラ『虎に翼』を観ていても、戦後も明治を引きずったまま。そしてそれが70年以上経った今も続いているのだなぁと感じてしまいます。

この小説の中で、結婚を控えていたけれど苗字を変えることについての婚約者である彼の考え方、彼の家族の言い分にドン引きしてしまい、結婚することを考え直すシーンも。

彼一族の実家は鹿児島なので男尊女卑もかなりあり・・・。(やっぱ九州ってそうなのかなぁ。)

この問題については夫婦別姓が認められれば解決しそうだと思うのだけど、やっぱり反対する人は法律で認められても認めないだろうしな。

でも選択式夫婦別姓を認めることで『結婚』を選択する女性は増える気はします。

それにしても選択式なのになぜダメなのか本当に不思議。

と自然と鼻息も荒くなって読み進めるのでした。

 

墓じまいは墓石の処分代もかかって高額になるというところを読んでハッとしました。

仏壇じまいでは「お性抜き」したお仏壇はタンスと同じただの家具ということで大型ゴミとしての処分ができました。

墓石って重いし移動も大変だし、どうなるんだろう?

この小説の中ではウン百万。。。

そんな殺生な😭

けれども良い(?)方法も書いてありました。

それはネタバレになるのでここでは書きません。

ぜひ興味がある方は読んでみてください。

 

この小説は映画になりそうだなぁ・・・

今はこの本を読んでいます↓

 

 

 

 

 

インターネット・バードソン 2024春

5/18~6/2までインターネットバードソンに参加していました。

年2回のバードソン、春は冬より見られる鳥の種類は少なくなります。

初めて春のバードソンに参加したときは36種だったようです↓

kobitoku.hatenablog.com

昨日、過去の自分超えをするのが難しくなったと書いたばかりけど、バードソンでは過去の自分超えができるんです!(嬉)

昨年は41種。

kobitoku.hatenablog.com

今年は46種👍

ほとんど近所での観察。一度だけ標高1200mくらいのところに遠征したのでカケスとヒガラ、モズをGet。

バードソン期間中はサンダル帽子展と重なってしまうので、なかなかまとまった時間は取れず、ほぼ朝ランでの観察になっています。

ホトトギスの初音は5/23。その前週から来ていると聞いてましたがなかなかタイミング合わず。翌週にはどこでも普通に聞こえるようになりました。

5/25 江ノ島でオオムシクイの声と上空にハヤブサの姿。何度も通ってやっとでした。

6/1  展示が終わってやっと時間ができて鳥探しのロングラン40キロ近く。

鎌倉のハイキングコースをくまなく探します。逗子方面までも足を伸ばす。

オオムシクイの声と姿の両方を捉えました!(江ノ島以外では初めて)

思わぬところでサンコウチョウの声!(毎年カメラマンさんが集まっているのとは違う場所)

ずっとキビタキの声と区別のつかなかったオオルリの声も識別できました。(尻下がりのフルートと覚えよう)

繁殖地に向けて通過していく鳥は5月中にほぼ終了するらしく、獅子舞谷で聞いたセンダイムシクイ、大仏HCのヤブサメなどはそうなのかな?

オオムシクイだけは他の鳥よりちょっと遅めで6月も声が聞かれるとか。

だから5月中旬から下旬が目の離せない時期ということになります。

これからは巣立ちビナのシーズン。(別記事に書きますね)

 

今回のバードソンでも近所ではコサギの姿はみつけられず。田んぼにはチュウサギがいましたが。

カワセミにも縁がなかった。

いつも同じ場所にいたバリケンもどこかへ行ってしまった。

近所ではオナガが進出してきているという印象。

最終日は城ヶ島に行って『ウミウ展望台』からウミウを見た。(カワウとの識別は自信ないがなんたってウミウ展望台なので間違いないでしょう。これで今年の鳥は115種)

毎年同じと言えばそうなんだけど、でも続けていると小さな気づきがあります。

以前はわからなかったことが少しわかるようになった喜び。

大事なのは粘ること。

 

先日わたしのところに飛んできてくれた鳥たち。

手紙のお返事はゆっくり書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上はないかもなので

フルマラソン1歳刻みランキング2023が発表されました。

コロナ禍前は2000人を超えていた同じ年齢の女子ランナーは1300人台に減っています。

前回2022のランキングではこびとくは126位/1331人。今年の名古屋ウィメンズではそれよりタイムは2分縮めていたのでちょっと期待してました。

結果は・・・

120位/1319人。

あんまり変わらないですねぇ。同級生女子、サブ4あたりのメンバーはみんなまだ頑張ってるんだなぁと。(還暦も近いのにねー)

60歳までサブ4をキープしたら100位内入れるでしょうか?

今年の名古屋ウィメンズマラソンでは、練習も頑張ったし、本番も頑張ったし、セカンドベストのタイムが出ました。

なので完走ペンダントにタイムの刻印を。

 

左から2019ベストタイム、2023転んでも起き上がって走ったタイム、2024セカンドベスト、刻印しました。

過去の自分超えが難しくなってきたお年頃なので、今がベスト!と思って生きます。

 

 

 

 

 

三度目の春(御殿場桜の記録)

サンダル帽子話ばかりしているうちに、ブログに書きたいと思っていることが渋滞中。

どんどん投稿していきますね。

 

少し季節を遡ってみます。

今年の御殿場桜。

4/15→4/18→4/25→5/2

去年よりだいぶん遅いです。そしてなぜか下の方に花が咲いた。

kobitoku.hatenablog.com

で、剪定は今朝になってようやく・・遅すぎ

花が遅かったから5月に突入してしまい、サンダル関連業務に忙殺されてて手帳に『桜の剪定』と書いてあったものの放置してました。

来年以降のためにポイントを書いておきます。(全てBONSAIちえさんの教え)

  • 花の咲き始めから10日くらいで剪定する
  • 枝の負担になるので実がならないよう花柄ごと取る
  • 新芽のところまで枝も切る
  • 切ったら肥料を与える

針金をかけて輪郭を作って、はみ出た葉や枝を切って形を整えキープしないといけないのにこれまで何もしていなかったので間延びした枝の桜になってしまっています。

思い切って枝を短く切って新芽が吹くのに賭けるのもあり。

www.bonsaichie.com

4~5月にしっかり肥料を与えて力をつけてから大きく切るんだそう。(怖くて賭けられない)

今日で5月は終わりだけどとにかく肥料だな。

花をたくさんつけると樹は疲労してしまうのでたくさん花が咲いた次の年は回復させる枝づくりの年とした方が良いようです。

そういえば我が家の10年もののヤマアジサイ、アジアンビューティも昨年思い切った剪定をしたところ、今年は花付きがとても良く、次々と咲いています。

kobitoku.hatenablog.com

 

昨年購入したヤマアジサイ海峡も咲きました。

買ったときは一輪だけ咲いていたけど、枝分かれして今年は二輪咲きました。

これもちゃんと剪定しなくては。

 

ニオイカエデも盛り盛りになってきたので少し切りました。

5月中旬に黄色い花が咲いてたのにはびっくり。

 

盆栽の手入れや剪定はやってしまえばさほど時間がかかるものではないのに、4月5月は心に余裕がなく、気にしながらも水やりするのみ。

強風で割れた鉢をガムテで止めて数ヶ月そのまま使ってたりもし、昨日ようやく鉢を購入。

落ち着かないと何もできない性分を脱しないといけないとつくづく思う今日この頃です。

 



 

 

 

 

 

 

終了しました!


夏のサンダル+夏の帽子、無事終了しました!

 

アトリエkikaさんは鎌倉宮の白い鳥居の目の前にある、この古いアパートの1階にあります。建物の老朽化ということもあり、契約更新はもうできず、来年はこの場所での開催はできないことが決まってしまいました。(kikaさんはこの近くで新しい形態で営業されるそう)

ここがなくなるのはとてもとても寂しい💧

エメラルドグリーンの扉を目に焼き付け、最終日を終えました。

カフェスペースのカウンターからの眺めも見納め。

マリコさんが小さなブーケを作ってくれたのを持ち帰りました。

めちゃくちゃ癒されています。

 

kobitoku号もおつかれちゃん。

混雑する江ノ電を避けたくて毎回自転車通勤。往復20キロ。

電動アシストなしでも搬出できたの偉い!

稲村ヶ崎の峠を超えるときはちょっとフラフラしましたが。

 

お会いできた方もできなかった方も全てにありがとうございます。

ブログ読んでます!というお言葉がとても励みになりました。

毎回のことですが、展示が終了してからが本番。

今回もたくさんオーダーいただいたのでこれから梅雨明け目指してがんばって作ります。

サンダルは全部は撤収していなくて、まだkikaさんに残してあるものがあります。

6/7からはMASATO INOUEさんのカッコいいジュエリーの展示が始まります。合わせてサンダルもご覧になられます。
紫陽花も見頃になりそうですので、ぜひkikaまでお越しくださいませ。

アトリエkika Instagram

 

 

 

 

 





 

寄り道

さて、今年もkikaさんまでは自転車通勤です。

昨日は少し早めに家を出て佐助方面に寄り道。

HAND&SOULを訪ねました。

変わらずココにあって嬉しい。

2019年にも寄り道してました↓

kobitoku.hatenablog.com

ご夫妻に会うのは2020年秋以来。。。

kobitoku.hatenablog.comお便りはしていたもののすっかりご無沙汰してしまっていました。

過去ログを読み返して、”つくる喜び”を忘れずにいたいなとあらためて思いました。

今に始まったわけではないけれど、材料他さまざまな値上げに打ちのめされそうにもなるし、ものづくりの道はイバラの道なのではないかと思ったり。

だけどもこの『夏のサンダル夏の帽子』の展示期間中にいろんな人とおしゃべりするうちに続けてきて良かったなぁとしみじみ思うのです。

皆さんからこの先も続けるためのエネルギーを貰います。

 

HAND&SOULのあとは夏椿(中田光さんのお茶道具展)、もやい工藝(やちむん展)とはしごして眼福。佐助の黄金コースです。

佐助トンネルのところの甘味処、雲母はあまりの長蛇の列でびっくり。

内藤三重子さんのネックレスに合わせて今回はブレスレットを買いましたよ💕

 

帰りの寄り道はラン友シマちゃん夫妻のラーメン屋さん。

絹と小麦   

ラーメンとワインでいい気分に。次は赤ワインも試したい〜

 

と寄り道も楽しみつつ、本日も出勤します!

 

夏のサンダル+夏の帽子

5月17日(金)〜5月29日(水)月火はこびとく不在になります🙏
12時30分〜17時30分
鎌倉市二階堂91 アトリエkikaにて
0467-24-7025

 

 

 

 

 

 

 

後半戦

夏のサンダル+夏の帽子 後半戦に突入しました。

初日に売れてしまったので追加で作りました。23.5センチ。

 

久美さんの作品も追加されています。(でも届いて10分で売れてしまったり)

わたしはナマケモノのバッグにノックアウトされたー💕

 

ゴマちゃん💕

 

帽子の刺繍がすてきです。

この土日もkikaのマリコさんと共に17時半までお待ちしております!

 

夏のサンダル+夏の帽子

5月17日(金)〜5月29日(水)金土日と最終日はこびとく居ます
12時30分〜17時30分
鎌倉市二階堂91 アトリエkikaにて
0467-24-7025

 

 

 

 

黒い森

さて、アトリエkikaさんでの展示に欠かせないものと言えば玲子さんのケーキ。

今回も皆さまにぜひ召し上がっていただきたいです。

黒い森という名のケーキ。フランス語ではフォレ・ノアール。

もともとはドイツのシュヴァルツヴァルト(黒い森)と呼ばれる森林地帯に由来するらしく、この黒い森では果物がよく育つので果実酒を作っている蒸溜所が多く、ここで採れたさくらんぼとさくらんぼ酒(キルシュ)でつくられたのがこのケーキだそう。

雪に見立てた生クリームと共に味わうチェリーのケーキです。

 

2枚のココアスポンジに2種類のチェリーとチョコレートムースを挟み、キルシュ入りの生クリームで飾った今回のケーキはキルシュがしみしみの大人の味!

贅沢なあじわいです。

ゆっくり食べたい。なのにがっついてしまう〜

初めての和紅茶と共にいただきました。(日本でも紅茶を栽培しているとは知らなかった)

昨日はガトーバスクをいただきました。

これにもキルシュ漬けのチェリーが入っているみたいです。

ガトーバスクについても調べなきゃ!ってなってます。

これまでのケーキについては去年まとめました。

kobitoku.hatenablog.com

それぞれのケーキには由来があって、それを知るのも楽しいです。

 

本日はこびとく不在になりますが、明日水曜はちょこっと顔出します。

ご一報いただければその時間まで滞在いたしますのでよろしければぜひ。

 

夏のサンダル+夏の帽子

5月17日(金)〜5月29日(水)*5/23(木)はお休みです
12時30分〜17時30分
鎌倉市二階堂91 アトリエkikaにて
0467-24-7025