こびとく日誌

クツをつくりながら考えたこと。晴耕雨読な日々のこと。

奥多摩むかし道からのハセツネ2022

紅葉シーズン到来ということで今年も恒例のあのハード過ぎる紅葉狩りへ!

kobitoku.hatenablog.com

今回も最寄駅始発で8:22着のホリデー快速奥多摩入り。

毎度おなじみのメンバーで 🏃🏻‍♀️🏃🏻‍♀️🏃🏻‍♀️🏃🏻‍♀️

これまで11月最終週だったから今回は1週早い。紅葉の進み具合はどうかしら?

まだ緑の葉はあるものの充分キレイ。

ライトは当然持ってきてますが今回もライトなし下山、日没アタックなのでまあまあ先を急ぎます。

以前より吊り橋の人数制限が厳重になってたり。

これの存在を覚えていたメンバー1名。忘れてたメンバー3名。

記憶って人によって覚えてるところ全然違うよね。

今回もヤマスタスタンプラリーしながら。

通過時刻がわかるのでブロガー的には振り返りや過去との比較に便利。

過去スタンプで日没チャレンジとしては日の出山15:15がリミットと認識し、目標にしました。

間に合うかな〜

むかし道を終えて、奥多摩湖から御前山まで大ブナ尾根が約4キロ900m↑

最初が急登なのは覚えてたけど、最後まで急登なのは忘れてた。

目の前に見えてくる山が御前山かな?というのを何回か裏切られてから階段が出てきたらようやく御前山です。1時間半以上かかります。ここは本当に大変な登り。

そのあとはハセツネコース。

先月来たばかりですよー(泥ツネほんとに大変でした)

 

で、なんとか日の出山に15:15までに到着したので日没チャレンジ開始。

先週の日光でのレースからリカバリーできてない気もしてたので今回はライトを使うことになるかなぁと思ってはいたけれどライトなしで五日市会館まで下山できました。

あとから調べたらこの日の日没は16:34。

日没から10分くらいはまだ明るさ残ってる。ギリギリでした😌

ちなみに1週間後だと日没は16:31だそう。

何がいいって、この日没までの時間の金毘羅尾根の木漏れ日がいいんです。

色づいた樹々の葉に黄金色の夕日がさして、それが漏れている。

コンクリ橋まで明るかったら、ヤッターって思うし(あと2.5キロ?)

そのあと針葉樹林のところは薄暗くて、でもその先舗装路で明るくなって、またトレイルになるとちょっと暗くなるけど一気に走り抜ける。

去年の余裕あるときより今年のギリギリの方が楽しかったな。

ゴールの五日市会館で記念撮影するうちにストンと辺りが暗くなってしまう、つるべ落とし。

午後3時過ぎからこんなにも日没を満喫することなんて日常ではあまりないでしょ。

だから毎年、このチャレンジを楽しみにしています。

とりあえず今年の秋の体力測定は合格❣️

来年もヨロシク。